【徹底比較】PD-R9100とPD-9000の違い

こんにちは、新井です。

いよいよ明日から!

 

外神田店、御徒町店両店合同決算セール!

【期間】9月19日~22日

外神田店:店内商品30%OFF!※テンシャル&おたふくのみセール対象外

御徒町店:専用コーナー内の商品が20~50%OFF!

 

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

https://biciamorecyclejersey.com/2020/09/14/%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a0%e3%82%88%ef%bc%81%e5%85%a8%e5%93%a1%e9%9b%86%e5%90%88%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bd%9e%e5%a4%96%e7%a5%9e%e7%94%b0%e5%ba%97%ef%bc%86%e5%be%a1%e5%be%92%e7%94%ba%e5%ba%97/

4連休は是非ビチアモへお越しください!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて

 

今回は徹底比較シリーズ第2弾です!
因みに前回のCS-R8000とCS-6800の比較はこちら↓

https://biciamorecyclejersey.com/2020/09/09/%E3%80%90%E5%BE%B9%E5%BA%95%E6%A4%9C%E8%A8%BC%EF%BC%81%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88cs-r8000%E3%81%A8cs-6800%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%80%91/

という訳で今回はシマノのビンディングペダル

PD-R9100PD-9000の比較をしてきたいと思います!

シマノコンポの最上位グレード、デュラエースの現行モデルと一つ前のモデルですね。

どういった違いがあるのか?9000からR9100に変化するにしたがって何が変わったのか?

いろいろ見ていこうと思います!

 

 

ぱっと並べ見てみます。

(※基本的に左がR9100、右が9000。写真2枚並ぶときは左または上がR9100、右または下が9000です)

上から見たフォルムはほとんど同じ。

大きさはどうでしょうか?

 

 

縦も横も同じ数値でした。

 

高さもほぼ同じです。

大きさに違いはほぼ無さそうです!

 

細かく見ていきます。

 

先ずは表面。

R9100の踏み面が一部肉抜きされているのが分かります。

 

 

踏み面のステンレスプレートも少し違っています。
9000がネジで止めているのに対し、R9100はペダル一体型となっています。配置も少し変わっていて軽量化に貢献しているんだとか。

 

 

裏面を見てみるとこちらも肉抜き部が違っています。

裏面は逆に9000の方が肉抜き部が多い!

しかしペダルボディーを横から見てみるとR9100がわずかにスマートになっているのが分かります!

ギリギリでボディーをそぎ落としてる感がありますね!

実際にどれほど軽くなっているのか公式記載の数値によると

R9100は228g、9000は248gという事で、約20gの軽量化がされているという事です!

 

他にはどんな違いがあるのでしょうか?

見た目でいうとサイド部分のDURA-ACEのロゴがR9100では無くなっています。

これは自転車を立てかけた時や、コーナリング時などに擦れやすくロゴが消えてしまうからという説があるそうです。

 

こちらの9000はUSED品なので実際にサイドがダメージを受けているのが良く分かりますね!

確かに、どうせ擦れてしまうなら最初からロゴが無い方がスマートだという感じ方もあります。見た目もスッキリします。

 

スピンドル部の色が異なっているのも分かりやすい違いです。


9000系は全体的にシルバーなデザインなのでペダルもこの部分がシルバーに。R9100は黒くなっています。

 

このスピンドル部ですが、構造はどちらも同じでこの中にベアリングが入っています。写真の赤い部分にベアリングがあります。

アルテグラなどの他のモデルと違い、この図のように両端にベアリングが入っています。
負荷が均一に分散する事によって回転が滑らかになる構造だそうです。

 

因みにアルテグラ6800のペダルのベアリング部分は大体こんな感じです。

こうやってみるとデュラエースがいかにワイドなベアリング配置になっているかがわかりますね。

 

 

 

素材はカーボンコンポジットボディという素材でどちらも同じです。

 

 

という訳でPD-R9100とPD-9000の比較をしてまいりましたが、

一番の違いは重さが約20g軽くなった!という事でしょうか。

 

正直、20gの違いが分かるかと言われたら少し難しそうです。

僕は分からないかもです笑

 

他には肉抜き部分が増えたり、スピンドル部の色や、サイドのロゴの有無など細かい違いがありました。

どちらか迷った時は

 

レースなどで一秒でも削りたい!

俺は20gの違いがわかる!

とにかく軽くしたい!

 

そんな方はR9100を是非選んでみては如何でしょうか?

 

シルバーパーツがお好きな方など、デザイン面で9000の方を選ぶのも全然アリだと思います!

PD-R9100とPD-9000どちらも優れた研ぎ澄まされたペダルだと言いうことが分かりました。

 

因みにビチアモ価格ですとR9100で凡そ14,800円前後、9000で凡そ12,800円前後となっております。

※商品の状況によって多少変化します。

 

ビチアモ御徒町店ではUSEDパーツ店という事でPD‐9000のような一世代前のモデルや、

更に前のパーツなども入荷したりしてますので興味のある方は御徒町店、またはヤフオクにてチェック頂ければと思います!

 

基本的に毎日新しいく商品を出品しております。その都度、ヤフオクの方にも出品されますので要チェックです。

ヤフオクページ↓

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/biciamore1

 

という訳で今回はこの辺で!

 

今後もいろいろなパーツの比較もやっていきたいと思ってますので良かったらまた御覧になって下さい。

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

サヨナラ!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中