ビブパンツ VS レーサーパンツ

どうも、じゅんぴです。

 

 

サイクリスト。

 

私たちの正装。

サイクルジャージ。

 

いつしかそれが当然のように感じているが、

一般的に見たら、ぴたぴたの服。

 

 

そして、

変態ちっくな・・・例のもの・・・

 

例のもの・・・

 

ビブショーツ

※ビブ=肩ひもが装着されたサイクルウェア

 

初めて見たときの衝撃は計り知れない。

 

え?なに?めっちゃロックだね?

 

サイクルジャージの中でも、

敷居の高さでいったら

群をぬいているビブショーツ。

 

 

外神田店には、初めてのサイクルジャージ選びで

ご来店してくれる方がとても多いです。

 

が、ピタピタのジャージに身を包むことを決心しても、

ビブ(肩ひも付き)には抵抗がある方が多いようです。

 

 

が!

 

選ぶなら、

断!然!ビ!ブ!

 

ビブがいい!

 

 


メリット


ズレにくい

肩ひもがあることによって、下がってくる心配がありません。

パッドがずれる心配もなく、乗ることに集中できます。

 

おなか周りノンストレス

前傾姿勢をとるロードバイク。

おなか周りに締め付けがあると長時間はいているうちにストレスを感じてきます。

中には、汗でかぶれたり、擦れてしまったりという心配もありません。

 

 

 

ここらへんまでは、皆様ご存知かと思います。

 

しかし、じゅんぴが一番ビブを押すポイントはここから!

 

おなかが目立ちにくい

レーサーパンツだと、

ウエスト部分にゴムがあります。

 

細いひとには分からない話だとおもうのですが、

ウエストがゴムということは、

ウエスト部分に段差ができるわけですね。

食い込むのだ、ゴムが。

 

これほど悲しいことはない。

こうなってくると、このおなかの段差が気になって

自転車どころではなくなってしまいます。

 

それが、ビブショーツにすることによって、

おなかの段差が気にならなくなるのです。

 

段差のない、すっきりとしたおなか周り。

 

段差がある状況よりもぐっとしまってみえるのです。

 

 

おい!凹ましただろ!!

 

※アルバイトスタッフ君。おなかモデルありがとう♡今度ゴハンおごるね♡

 

 

デメリット

トイレが大変。

もう、この一言につきる。

 

 

けどまぁ・・・

トイレめんどくさい問題は事実ですが、

じゅんぴは、トイレの手間よりも、

断然おなかスッキリ(に見える)ビブを選びます!!

 

 

というか、カッコイイじゃないですか!!

ビブパンツ!

 

ちょっと細身で手足が長い人が、

横幅でジャージのサイズを合わせて、

丈がうっすら足りないカンジ!

ちょっとおなかからビブがこんにちは!してると

カッコイイじゃないですか!!

と力説したら、

わかんねぇよ!と壮大なツッコミをうけましたが。

 

 

とにかく、

おなかが気になる人こそ、

ビブを履くのだ!!

 

ブランドによっては、おなか周りをシュッと魅せてくれるものもありますよ!!

じゅんぴの中で某ブランドのビブは痩せて見えると太鼓判です!!←ブランド名が聞きたい人はお店で聞いてね 笑

 

 

ビブを愛す宣言。

ここに。

 

2020年 秋

じゅんぴでした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中