互換性を見ていくと、いろいろ見えてくる。

こんばんは。新井です。

 

シマノのパーツというと、ご存じの通り、デュラエースやアルテグラなど様々な種類が存在し、

更にはR9100やら9000やら世代ごとにコンポが存在するのでその数は計り知れません!

 

 

いったいどれとどれの組み合わせが良くて、どの組み合わせがダメなのか?

調べてみると、シマノさんが公式でご丁寧に互換性を示すシートを出していました。

 

これを見れば一目瞭然!早速見ていきましょう!

 

 

【2×11の場合】

現在の105以上のランク、いわゆる11速と言われるパーツ達ですが

 

先ずはリアの駆動系から。

この表を見る限りとてもシンプルで分かりやすいですね。

ロードのコンポで見ていくと現行のR9100やR8000、R7000やらと一世代前の9000、6800、5800はどれも互換性があるようです。スプロケットの歯数によって対応できるリアディレイラーが変わってくるのでそこは注意が必要ですね。(SSやGS)

Di2 のSTIレバーであれば勿論、Di2のリアディレイラーでなければダメです。(当たり前)

 

さてさてフロントの駆動系はどうでしょうか?

リアよりちょっとだけ入り組んでます。

 

フロントディレイラーの場合は現行のFD‐R9100やFD-R8000等であれば、クランクは現行の物は勿論のこと、一世代前の9000やら6800、5800等のロード用クランクでも互換性はあるようです。

逆にFD‐9000やFD‐6800は現行のFC‐R9100等には互換しないという事です。

これはインナーの位置が変わったかららしいです。なんでも、旧モデルよりも現行モデルはインナーの歯の位置が内側に移動しているらしくアウターとの距離が増加したという事らしいです。

なるほど!

 

 

【2×10の場合】

10速の場合はどうでしょうか?

リア、フロント共に御覧の様になっております。

 

 

ここで気になる事が一つ

 

ティアグラ4700シリーズだけ孤立している!

同じ10速なのですがアルテグラの6700や105の5700とは互換性が無く、同じティアグラの4600シリーズとも互換性が無い!

これはなぜなのかいろいろ調べてみたら難しい記事が沢山出て気ました…

 

簡単に言うとSTIのシフトワイヤーの引き量が違うかららしいです。なるほど!

この小さな変化で互換性が無くなってしまなんて、奥が深い。

リアディレイラーの調整もほんの少しの微調整で変わってきたりしますもんね。

 

 

という訳で簡単では御座いますがシマノの互換性を見て分かった事をお話させて頂きました。

互換表を見ていくといろいろ見えてくる事がわかったので今後もっと深堀していこうと思います。

 

この他にもグラベルやマウンテンバイクのコンポについても出ていますので興味がある方は御覧になってみてください。

 

では今日はこの辺で。

 

サヨナラ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中