初めての夏!ウェア選びのポイント

暑いです。夏が来ました。夏が。

 

とろけそうな夏。

 

スイカのすいかのおいしい季節です。

四六時中スイカを食べていたいです。

 

なんなら、朝昼晩とスイカでいいです!

いや、スイカいいです!

 

スイカ ラバー。

 

 

スイカの話はおいといて・・・

 

今日は、ここ最近の店頭でもよく聞かれる

「初めて夏!ウェア選びのポイント」

について!

 

 

どんな服装で乗るのがいいのか考察していきましょう。

 

 

 


ウェア


先ずはウェア。

 

基本的に自転車は自由だ!というところで、

お好きな服装で乗ったらいいのよ。とは思うのですが、

夏はひねりっぱなしの蛇口のように、汗がジャージャーでてきます。

Tシャツなどの綿の素材のものは汗の乾きがよろしくない。

 

紫外線防止のものや、吸汗速乾性に優れたもの。

各メーカーからいろいろな性能のものが出てますね!

 

夏場は薄めの素材で、尚且つ脇の下や背中など通気性に優れているサイクルジャージが

おすすめです!

角度によってはこんなに透けるほどにメッシュな素材。

 

こんな感じのメッシュ感が夏場はおすすめ!

 

 

夏というと、爽やかな白系のジャージもオシャレなのですが、

紫外線を防ぐという意味では、断然黒。

 

が、黒はハチが攻撃してくる色!登山でも避けますよね。

自転車のときも然り。

じゅんぴのような亀さん速度のヒルクライムでは

ハチから逃れることなんてできないので、自然の多いところへの黒は避けます。

この辺は臨機応変でいいのでは・・・?

 

 

 


インナー


「ぶっちゃけインナーっていりますか?」

夏場の一番多い質問。

 

夏は暑いのでインナーを着ない方も多いですが、

サイクルジャージ屋さん観点からお話します。

 

 

さぁ、プールサイドをイメージしてください。✧♡

 

時折いるだろう・・・?

インナーショーツを着用しないまま水着を着てしまった人。

アレです。

具体的に言わせるんじゃないよ。想像つくだろう。

 

インナーを着用していると、濡れたジャージが肌に張り付きません。

 

インナーは、汗を外に着ているサイクルジャージに逃がしてくれるので、

肌がベタベタしにくく、熱もこもらせない工夫がされているので、快適!

汗が中にこもらないので、汗冷えも防いでくれ、とにかく快適!

 

某お洋服屋さんで売っている夏用のインナーでもいいか?

との質問もいただきますが、

お洋服屋さんのインナーは、自転車専門につくられたインナーにはかないません。

餅は餅屋で、専用品を強くオススメします。

 

 

そもそもさ、

もっとシンプルな話なんですけど、

夏用の薄いジャージで乳首がすけてるなんて・・・

どこに目線やればいいの?!

 

 

 

 


サイクルキャップ


これも、まぁ上で話したインナー的役割もありますよね。

ヘルメットの下に一枚被ることによって、涼しく感じる。

他には、汗によるヘルメットの劣化も防いでくれますね。

 

しかしだよ。

一番大事なことを忘れてはならない。

 

夏場の滝汗は、私たちを許してはくれない。

顔に流れこむ汗よ。

目に入ったら痛いのよ。

走行中に目にはいる汗ほど、不快指数MAXなものはない。

 

そんな滝汗をかいたとしてもサイクルキャップで吸収してくれるのです。

 

しかし、中には

・・・なわけあるかーい!

サイクルキャップじゃ俺の汗は間に合わん!!

って方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方にはヘッドバンドなんて手もあります。

 

しっかりと肉厚なヘッドバンドが、

サイクルキャップよりも確実に汗を吸収して、

顔に汗が流れるのを防ぐのだ。

スカルキャップとヘッドバンド融合体のようなこんなかんじのも

同様にしっかり汗をうけとめてくれる!

 

 

夏のロングライド時にはサイクルキャップを少し濡らして巻いておくなんてのも、

涼しいテクではありますよね!

 

 


夏用アームカバー


日焼けは別に気にならないし・・・という方もちょっといい?

夏は肌を露出したほうが涼しい?と思いがちですが、そんなことないの。

 

吸汗速乾性のよい 夏用のアームカバーをつけたほうが、涼しい!!

 

日差しってのは、

体力を消耗し、体温を上昇させ、さらには熱中症のリスクも高めてしまいます。

 

体力が奪われてしまって、せっかくのライドが楽しめない・・・

そんなことになってたまるか!!

 

いいか!私たちはライドを楽しむために生まれたんだ!!

 

半袖ジャージの袖口とアームカバーとの間に、

不意にできてしまった日焼けがショックすぎる・・・!

私は絶対に焼きたくないの・・・!

という方以外は、

はじめから長袖にするよりも、

室内などでゴハンを食べる際に暑ければすぐに着脱可能なアームカバーはオススメです!

 

ここ大事なこと!

 

夏のライドで怖いのは、

日焼け跡ではなく、

体力が奪われ、楽しく走れないこと!

 

そのためにも、しっかりアームカバーをつけましょう!

 

 


ウィンドブレーカー


これは必要に応じてになるかとおもいます。

朝晩で気温差が大きいロングライドや、

標高差が激しいヒルクライムをする際なんかは用意したほうがいいですよね。

 

ウィンドブレーカーに関しては、一年中使えるので

1枚用意しておいて損はない。

 

出番の多いレギュラーアイテムだからこそ、

気に入ったものを買うのが いちばんのおすすめ!

 

 

 


意外と大事な アイウェア


これは通年を通していえるのですが、砂や小石、虫など、

飛来物の危険から目を守る!

 

走行中に視界が悪くなるなんて、危険すぎる・・・!

 

また、ロードバイクはママチャリとは違い、

簡単に速度が出てしまう乗り物。

目に風が当たり続けると、乾燥で目は疲労してしまいます。

 

そして、夏場は特に注意が必要。

目だってしっかり紫外線対策してあげましょう。

 

夏の強い日差しでもクリアな視界で、しっかり楽しめる!

 

ちなみにYOU TUBE もごらんあれ。

⇒【サングラス】夏の日差しは天敵!本当にアイウェアが必要な理由【BICIAMORE TV】

 

 

 


グローブ


グローブ焼けがダサいなんて言わないで・・・。

 

夏でもグローブは必須。

手の汗を吸収してくれます。

汗でハンドルが滑ったなんて、笑えないもん・・・。

 

 

そして、もちろんのことながら、

転倒した際に手のひらを守ってくれます。

自分は大丈夫って思っちゃだめだよ。

常に危険と隣合わせの乗り物だってことを

意識して、ロードバイクを楽しみましょう。

 

 

 


女子へ


紫外線・・・。

それはなんておそろしい言葉・・・。

乾燥や、シミやそばかすの原因になり、

認めたくないけれど、肌の老化を進める原因となる・・・。

 

そう・・・。

紫外線・・・・。

 

日焼け止めはもちろんなんですが、

汗で落ちやすいので、フェイスカバーやネックカバー、アームカバーにレッグカバー。

ありとあらゆるもので守ってください。

 

自分の肌を守れるのは、自分自身です。

 

 

 

 

それでは皆様。

夏は無理をせず、

自転車を楽しみましょうー!

 

 

YOU TUBE も参考にしてね!

【熱中症対策してますか?】真夏の必需品と理由をお話します!【BICIAMORE外神田店】

 

 

みなさんからも、他にも夏場はこんなものがいいよってのがありましたら、

おしえてくださいね♡

 

びち あも~れ!

 

じゅんぴでした♡

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中