飯能ライドに行ってきました。

こんにちは!

じゅんぴです!

 

みなさん、聞いてください!!

 

ここのところ、こうちゃんが抜け駆けしてます!

じゅんぴにはせっせとタピオカを飲ませるのに、

こうちゃんはその後体動かしてます。

 

なんかここのところ、こうちゃん・・・絞られていってます・・・。

 

じゅんぴもボクササイズとか通っちゃおうかな・・・と

一瞬頭をよぎりましたが、通いません。

おうちでお菓子食べながら「半沢直樹」見ます!

 

 

 

そういえば、先日飯能ライドに行ってきました。

 

本来ならば、乗鞍岳に行こうと思っていたのですが、

県内で密を避けて遊ぶことにします。

 

コロナだ、雨だと、なかなか乗れていない じゅんぴのしましまさんで

いい加減ヒルクライムを実践せねば・・・!

との思いから、重い腰をあげて 近いながらも乗鞍気分でトランポで飯能へレッツゴー。

 

・・・飯能・・・あっという間につく。

 

 

この日は、ただひたすら、登ってくだって、また登って。

とひたすら繰り返す日に認定。

 

坂が苦手なじゅんぴには苦行です。

 

ロードバイクに乗ったら誰でもすいす~いって

ヒルクライムたのしい~♡ってなるもんだと思ってましたが、

それって幻想。

 

 

この日のコースは、

東峠、平坂飛村線、生越長沢線を登って顔振峠、天目指峠、山伏峠、正丸峠、反対側からも山伏峠、そして最後に名栗湖。

 

 

聞いただけで吐き気がします。

 

とにかく登ることがキライなので、

平地が恋しくなりますが、ここに平地は見当たりません。

 

最後に、木曜日しか空いていないスコーン屋さんに行くことだけを楽しみに

ガンバリマス。

(この日は木曜です♡)

 

 

スコーンを食べることを楽しみに頑張れ、私!!

 

 

れっつごー!

 

・・・したはいいけど、早速げんなりします。

 

(あ、また自転車の向き逆・・・///)

 

えーっと・・・とりあえず手始めに東峠。

 

すでに・・・いや・・・。

 

東峠を下った矢先にまた登る。

平坂飛村線。

 

もう・・・何のために?

いま降りてきたばっかじゃん!と疑問を抱きつつ登る。

 

人の気配がないので、ちょっと怖い。

 

熊がでたら、私は猛烈Uターンかまして下る。

そう決めたがダウンヒルも苦手。

あぁどうしようかなとか無駄に悩みながら登る。

 

生越長沢線を登って顔振峠へ。

 

もう、このあたりから、

家に帰ってスイカを食べることだけを生きがいに生きてる。

 

スコーンじゃないのよ。

スイカ。

シャキッと冷たい水分。

 

この日がいくら涼しい日だったとは言え、

汗だく。

 

頭の中は前日買ったまるまるまるっと1玉のスイカ。

スイカでいっぱい。

 

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

 

 

 

 

 

顔振峠でいただく、メロンソーダ。

 

空調のきいた おしゃれなカフェの、おしゃれなクリームソーダ♡

・・・じゃない。

 

 

どんより空だしまったく映えないけど、これが 世界一うまい。

 

 

顔振峠の途中にはこんなスポットも。

 

おしゃれなカフェのようなおしゃれな椅子はないけど、

野ざらしにされた朽ちたベンチならある。

 

春に来たら最高に映えそうな1本桜。

時期じゃないのでひとり占め。

モヤがかかってなんも見えないけど 笑

 

 

さてさて天目指峠を登って下って、山伏峠。

もう、本当に家に帰ってスイカ食べたいから!

 

 

正丸峠に行ってから、

更に反対側からも登っちゃいます。

山伏峠。さっき下ってたとこ~~~~。

 

 

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

ハヤク イエニ カエッテ スイカタベタイ・・・

 

ここまで頑張ったら、もういいだろ。

家に帰ってスイカ食べよう。

 

あとは駐車場まで地味に緩やかな下り。

本日一足がよく回る。(←下りだから当たり前)

 

だったらついでに、名栗湖に寄っていきましょう。

 

これが本日、本当に最後の最後の登りだー!

 

名栗湖まじで寄っただけ。

サクッとな。

 

登ったら即引き返し。

 

 

 

だってすぐそばのスコーン屋さんに行きたい気持ちが強すぎて。

 

 

ご褒美のスコーン・・・

これよ、これ。

食べたかったの。

100個食べたい。

 

あぁいい汗かいた。

なんて、良き日かな。

 

 

ところで、いやだいやだと言いつつ一日登ってきましたが、

じゅんぴにだって、ヒルクライムが楽しい瞬間はあるのです。

 

それは、登るときでも、下るときでも、景色を見ることでもなく、

登っていて最後のゴール、つまりは頂上が見えた瞬間です 笑

 

ゴールが見えたその一瞬。

ボルテージは最高潮です。

 

反対に、頂上かと思って全力で頂上へ向かったはいいが、

頂上ではなかったときの悲しみは、海より深いのだ。

 

 

海より深いのだ。←なんとなく2回言ってみる。

 

 

 

おしまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中