流行りのエアロヘルメット、どれがいいか試してみた。

ブログをご覧のみなさま、こんちかー!!
外神田店のしろうです。

 

 

最近、山岸店長のファンキーアナーキーデストロイなエピソードを聞いていたら、「自分の悩みなんかちっぽけなもんだな」って思ってきました。
あと自分はいつ肋骨を折られるんだろうって心配になりました。

 

 

 

自転車のウェア店に勤めていると増えてくるんですよ。

何がってそりゃ、、、

 

 

体重…?うるせぇ。

 

 

 

違います、ヘルメットです。
いまお家に10個ヘルメットがあります。ばかですね。
そして今までで使ってきたヘルメットは12種類になります。

 

 

そんな僕が流行りのエアロヘルメット5種類を実際に使ってみたレビューを書こうというのが今回のブログです。

以下の項目でそれぞれ5点満点で評価してみました。
・かっこよさ
・通気性
・かぶりごこち
・軽さ
・その他

 

前提条件がこちら
・筆者はややハチの張った日本人頭
・使用条件は7,8月の南風強い荒川(朝/夜)、皇居周回(夜)
・普段はKASKの「Mojito」「Rapid」を愛用しているので、そことの比較

 

それではイカれたメンバーを紹介するぜ!!!

 

 

エントリーNo.1

OGK kabuto 「AERO R-1」

かっこよさ  3
通気性    4
かぶりごこち 5
軽さ     5
にんきもの  5

OGKから満を持して発売されたエアロヘルメット。メガネユーザーに嬉しいバイザー付属

まず最初の感想が、軽い。公表重量210g(S/M)とかなりの軽量。
OGKは日本人の頭形を知り尽くしているのでスポッとはまる安心感がすごい。フィットは深め。

大胆にとられたベンチレーションからは風を感じるレベルで空気が入ってくるので、エアロヘルメットとしてはかなり涼しい方だと思います。軽量系ヘルメットと比べるともちろん暑い

コンパクトで扱いやすいんですが、丸っとしたデザインは人によって野暮ったい印象に。
半端ない「人とかぶる率」は高い品質と性能、そしてコスパの裏返しか。
 

 

 

 

エントリーNo.2

MET 「MANTA」

かっこよさ  5
通気性    1
かぶりごこち 4
軽さ     5
カヴ。    5

グリーンのラメが入ったカヴェンディッシュも発売されてました。
暑い。夏場にこれをかぶろうとは思いません。オールマイティに使うなら同社の「RIVALE」をおすすめします。

深めのフィットで普段OGKを使っている人にもなじむので、合う人は多いと思います。
Mサイズ200g、持ったとき拍子抜けするぐらい軽いです。

見た目の威圧感といいますか、所有欲的な部分ではかなり高得点です。かっこいいもん。
でもサングラス外したときどこに差したらいいんでしょうか。
最近発売されたMETの新作「TRENTA」は山岸店長が使用しているので気になる方は聞いてみてください。

 

 

 

 

エントリーNo.3

BONTRAGER 「BALLISTA」

かっこよさ  4
通気性    3
かぶりごこち 2
軽さ     2
ロマン    5

同社のオールラウンドモデル「Velocis」が登場して最近はトレックチームも使ってない印象がありますが、エアロはやっぱりこれですね。つるんとピーナッツのような外観ですが後ろ姿のかっこよさは随一です。

なんといってもスリット状の後方に流れるベンチレーションはオトコノコ魂に火をつける造形です。やばい。
かなり浅めのフィット感なので「乗っかってる感」があります。途中から慣れましたが。

ポポンと開いたベンチレーションから風はそこそこ入ります、ロマン溢れるスリットに手を当てると一応熱が逃げてる模様。
まあ。。どちらかというと暑いです。あとずっしりしてます。MIPSモデルで270g(S/M)。やや重。

 

 

 

 

エントリーNo.4

s-works 「EVADE」

かっこよさ  5
通気性    3
かぶりごこち 3
軽さ     1
真にんきもの 5

泣く子も黙るs-worksから登場したロード用エアロヘルメットの火付け役。「最も勝っているヘルメット」と言えるでしょう。
現行モデルは「EVADE2」で、紹介するこちらは最近まで使われていた旧型になります。JAWBREAKERとの組み合わせはもう見飽きた。
第一印象はでかい、長い。いかにもエアロ然としたフォルムは存在が半端なく所有欲満たしまくりですね。速そう!!
かぶりはやや浅めで、先端がかなり長いので前傾姿勢でガンガン視界に干渉してきます。これは頭形にもよるのでしょうか。
S/M285g(実測)あるので他と比べるとどうしても重さは感じます。これは新型で改善された模様。
涼しさですが、まぁそれなりです。風は入らなくはない程度。夏はやはり暑いです。

 

 

 

 

エントリーNo.5

KASK 「PROTONE」

かっこよさ  4
通気性    5
かぶりごこち 5
軽さ     5
意識高い系  5

フルーム:軽くてエアロで涼しくて、なんていうかこう…「シュッとした」ヘルメット、作ってくれないかな?(王子スマイル)
KASK  :フルームはんの言うことならしゃーないな、おっしゃ作ったろ。
…ってなったかは知りませんがKASKがTeamSKYと共同開発したオールラウンド系エアロヘルメットです。

これからは新作「UTOPIA」にエアロの座を渡すことに。
エアロなら「Infinity」あるやんって言われるかもですがツールで誰も使っていないってことはそうゆうことです。

215g(M)ですが頭にフィットすればそれ以下に感じるほどの一体感。涼しさは言うまでもない。
完璧すぎるので、ここにエントリーさせるのはズルいなと書いてる途中から思いました。

 

 

 

 

…という感じでお送りしましたエアロヘルメットレビュー。
この中だとPROTONEがダントツでした。僕がKASK頭だということもあると思いますが。。
正直PROTONEのことなめてました。使って納得しました、これはめっちゃいいヘルメットだと。

 

 

 

PROTONE以外だと一番バランスがいいのは「AERO R-1」かなと。さすがです。
値段も高くなりやすいエアロヘルメット界でも手を出しやすい。

個人的なお気に入りは「BALLISTA」ですね。
形が好きなのとロマンベンチレーション(とっさに命名)が素敵なので。。

 

 

 

 

さて紹介した5種類、それぞれ肝心のエアロ性能はどうなの?という部分ですが…、

 

 

 

 

 

ホビーライダーに空力効果など感じることはできなあああああい!!!

※ハズキルーペCMの渡辺謙

 

よくレビューで「巡行速度が上がった」「風切り音が少ない」とか書いてありますが、僕には全くわかりませんでした。
それよりもフィット感や軽さ、快適さを重視したヘルメットを使ってエアロポジションを身につけた方がトータルで断然速くなると思います。

 

 

でも僕はエアロヘルメットが大好きです。

それはかっこいいから。ロマンだから。

 

エアロはロマンだから。

 

かっこよさに理由はいりません。それだけです。

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

おしまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中